脱毛サロンの施術前に冷却ジェルを塗るメリットとデメリット

脱毛サロンで脱毛の施術を受ける時は毛根に光を当てるのでお肌が熱をもちます。
それにより肌が炎症を起こしたり火傷の症状が出てしまう可能性もあるので施術前に冷却ジェルを脱毛する部位の肌に塗ります。

c3-nagare-1
※参考:シースリー

ジェルの冷却効果によって光を照射してもしっかり対応する事が出来るので安全性という点ではすごく重要になってきます。

しかし脱毛サロンによっては最新マシンを導入していて冷却ジェルを塗らないで脱毛の施術を受ける事も可能になっています。

施術前に冷却ジェルを塗る事に賛否両論がありますが、実際にメリットになる点を見ていく事にしましょう。

 

冷却ジェルのメリット

check-b 施術後に肌に熱が溜まらなくなる

施術前に冷却ジェルを塗っておくと光を照射した時に肌に負担がかからなくなるので熱が溜まるのを抑制してくれます。

それにより施術後から数日経つと肌が元の状態に戻るのでお風呂に入る事も出来るようになります。また紫外線を浴びた時でもしっかり対応する事が出来ます。

check-b 美肌効果を得る事が出来る

冷却ジェルは肌を保護するために塗るので美容成分が含まれています。

プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸などいろいろな美容成分が含まれているので施術後に肌がツルツルになります。

脱毛の施術を受けてから乾燥肌が改善されて美肌効果を得る事が出来たという人も多いです。

脱毛の施術前に冷却ジェルを塗るメリットはこのようにありますが、デメリットになってしまう点も残念ながらあります。

そこで今度はデメリットになってしまう点を見ていく事にしましょう。

 

冷却ジェルのデメリット

check-b 施術後に肌がベタベタする

冷却ジェルを塗ると施術後に肌がベタベタするので気持ち悪いと感じる人も多いです。

日常生活の中でジェル状のスキンケア用品を塗るのが嫌な人は特にデメリットに感じてしまいます。

check-b 冬の寒い時期は体調を壊す事がある

冷却ジェルを塗るとすごく冷たく感じるので冬の寒い時期は特に辛く感じてしまいます。場合によっては施術を受けた後に体調を崩してしまう事もあります。

特に寒がりの人で冬の寒い時期に脱毛の施術を受ける人は冷却ジェルを塗る事についてスタッフと相談しておいた方がいいでしょう。

 

冷却ジェルについてまとめ

脱毛の施術前に冷却ジェルを塗るメリットとデメリットはこのようにあるのでしっかり頭にいれておくといいでしょう。

また冷却ジェルを塗りたくないと考えている人は冷却ジェル不要で脱毛の施術が可能な脱毛サロンもいくつかあるので選んで施術を受けるようにするといいでしょう。

神戸でおすすめの全身脱毛サロンはこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ