脱毛サロンでドキドキのVIO脱毛体験

女友達にも相談することが出来なくてずっと悩んできたVIO脱毛なんですが、私はかなりデリケートゾーンのムダ毛が多いのがずっと悩みでした。

vio

友達と温泉旅行に行くのもとても苦手で生理中だからと嘘をついたりして夜中に一人で温泉に入ったりと結構肩身の狭い思いをしてきたのです。

ここ数年でVIO脱毛がもてはやされるようになってきて、脱毛サロンでも結構お手頃価格で脱毛施術を受けられるようになったのは私にとってかなりの朗報でした。今はVIOを全てツルツルにしてしまう女性も結構多くなっているそうです。

それは雑誌のコラムに紹介されていた記事で知ったのですが、今や年齢も20代から50代までと幅広くVIO脱毛が人気のようです。

私のように特に毛深いタイプではなくてもVIOの脱毛をする女性が多いというのはちょっとびっくりしましたが、確かにデリケートゾーンにあるというのは不潔になりやすいので女性としてはエチケットの一つなのだというとても自然な考え方が広まったからだと思います。

ムダ毛があると、やっぱり蒸れやすくなってしまうし夏になると汗なども混ざるので嫌な臭いの原因にもなってしまったり、かぶれてかゆみが出る原因にもなるので、やっぱりさっぱりとさせた方がいいに決まっています。

神戸のミュゼでvio脱毛体験

私が利用したのは大手のミュゼでした。家から近い神戸の三宮の店舗です。
参照:神戸のミュゼプラチナム店舗情報や口コミなど

VIO脱毛といっても、私はOに関してはやらなくてもいいと思っていたので施術してもらうのは実質VとIの部分ということになりました。

ミュゼでは専用の紙パンツを履いて照射は少しずつずらしながらやってくれましたから、最初はちょっと恥ずかしいのですが、2回目からはほとんど恥ずかしさもなくなってすっかり慣れました。

こんなに早く慣れるなんて自分でもちょっと驚きましたが、それほどにエステティシャンの方はサッと何気なく施術をしてくださるので意識しなくて済むのです。

こういう気を使わせないところはさすがプロだなと感心しました。でも恥ずかしさよりも痛みの方が結構あって、それは慣れるのに結構時間がかかりました。

話によるとVIO部分というのが全身の箇所の中で一番痛みを感じやすい場所なのだそうです。考えてみれば確かに敏感で薄い皮膚なので当然だと思います。

でもしっかり施術後にも冷やしてくれるので帰宅してからも痛みが残るとかそういったことは全くありませんでした。

恥ずかしさを乗り越えて1年半かけてVとIの脱毛が終わると本当に毎日快適になりました。

Vエリアは小さな三角シェイプだけ残してもらい、Iはすっかりきれいに脱毛をしてもらいましたが、これで本当に満足しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ